大貫妙子 (Taeko Ohnuki)

"黄昏れ (Tasogare)"

[Verse 1]
窓際の片隅で
頬杖ついてすわってる
秋の日の黄昏が
はかない夢に暮残る

[Bridge]
色褪た約束 月日をたどり
あの日のうしろ姿追いかける

[Verse 2]
今日ここヘ向う道
あれこれ想いめぐらせて
何ひとつ みのらない
時と一諸に侍っていた

[Solo]

[Bridge]
忘れているのなら これでさよなら
最後の返事だったと 領く

[Verse 3]
かさこそと追掛ける
落葉に耳をそばだてて
一度だけ振返る
目の淵に風がしみた

[Instrumental]

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z #
Copyright © 2018 Bee Lyrics.Net