坂本龍一 (Ryuichi Sakamoto)

"海と少年 (Umi to Shounen)"

[Verse 1]
夕陽は暮る海に
溶けだして
熱い体をつつむよ
かけだした砂浜に
影のびて
夏の日の終り告げる

[Chorus 1]
陽射のまぶしさ
いつしか梢えさり
素足に潮風

[Post-Chorus 1]
明日にはちりぢり街へもどるよ
いつかまた

[Verse 2]
海なり聞こえてくる
浜辺には
人の足あともきえて
くずれとびちるしぶき
浴びながら
秋の気配かんじてる

[Chorus 2]
独りて寝そべり
船出を夢みる
この海 渡るさ

[Post-Chorus 2]
手を振って 港を遠くながめる
いつの日か

[Solo]

[Chorus 2]
独りて寝そべり
船出を夢みる
この海 渡るさ

[Post-Chorus 2]
手を振って 港を遠くながめる
いつの日か

A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z #
Copyright © 2018 Bee Lyrics.Net